ヘルノブランドストーリー

ヘルノは
1948年イタリア北部のマジョーレ湖畔広がるレーザ町にて、
ジュゼッペマレンツィ夫妻により創業されました。

レーザ町は、湿度が高く、
雨の多い町でしたので、レインコートが必需品。
ジュゼッペはレインコートを生産することから
開始しました。

ヘルノのアウターが
水に強い理由はここにあるのですね。

アウターがただおしゃれなだけでなく、
機能性が大切であることを
ヘルノの技術力から学ぶことができます。

そして、
ヘルノはレインコートから世界に目を向けていきます。

1971年日本市場に参入、
1980年代にはアメリカ市場に参入し、
確固たる地位を構築していきます。

そしてヘルノの技術力は世界に認められ、
1990年代ヘルノはブランドとして発展していきます。

レインコートから始まったヘルノですが、
2000年代に入り、超軽量ダウンが人気に。

ダウンジャケット、ダウンコート、ウールコート、
その他、ヘルノ製品の優秀性は国際的にも認められ、
一流ブランドとして君臨しています。

ヘルノの持ち味は、創業以来、大切にしてきた誠実さと
革新的テクノロジーを兼ね備えているところ。

今後もお客様を第一に考えた製品展開に期待できます。